28日 7月 2018
「日本語は乱れてきているのかどうか」というテーマに対して、あなたはどう考えますか。このテーマを考えるうえで参考になる文献があります。それは西暦1000年ごろに清少納言によって書かれたとされる『枕草子』の第188段です。以下のことが述べられています。
16日 6月 2018
「~たいと思います」という表現を多用していませんか。
20日 5月 2018
教育観は「教育」という単語の読み下し方(訓読のしかた)にも反映されると言えるでしょう。
27日 4月 2018
先日、テレビの再現ドキュメントを見ていて、「ぜひ協力します」というセリフを耳にしました。
10日 4月 2018
時を示す表現の中で、似たようなものとして「間」と「間に」があります。
06日 4月 2018
日本語では、従属節内の時制によって、あらわす内容が異なります。
05日 4月 2018
「今後、人件費の増加が予想されます。なので、工場の移転を提案します」という文中に使われる「なので」に違和感を抱くでしょうか。
04日 4月 2018
「~たことがあります」をどのように導入するのでしょうか。参考にできる部分があるかもしれないので、以下に紹介します。
03日 4月 2018
食べ残しがあったとき、好機を生かしきれなかったとき、時間を無駄遣いしてしまったとき、いずれの場面でも「もったいない」と発することができます。
29日 3月 2018
比較文の導入で「アメリカはロシアより小さいです」「メロンはイチゴより大きいです」などの例文を使っていませんか。

さらに表示する