どうして形容詞の「い」を言わないの?

 「寒っ!」「熱っ!」などの言い方では最後の「い」を言いません。これはなぜでしょうか。

 

 20世紀後半ごろから語尾に「っ!」をつけたこのような表現が広まったと言われています。

 

 では、なぜこれは20世紀後半からなのかというと、実はテレビのお笑い芸人がリアクションを取る際「熱っ!」などと言ったほうが、視聴者により「熱さ」が伝えられると考えたからだという説もあるようです。形容詞の語尾の「い」を言わない言い方はこれ以外にも「高っ!」「安っ!」「小さっ!」などさまざまなバリエーションがあります。

 

 テレビの普及に伴い、さまざまな日本語が広がった一例だといえるでしょう。(嶋)