「放題」ということば

 観光客や留学生などの外国人にとって「Hodai(放題)」というのはなかなか面白いことばだそうです。さてなぜでしょうか。

 

 答えは「食べ放題」「飲み放題」というサービスが珍しいからだそうです。「食べ放題」「飲み放題」というと「ビュッフェ形式」が近いかもしれません。しかし、日本ではメニュー内の物がすべて注文できるスタイルの「食べ・飲み放題」が存在します。

 

 外国人の出身国によっては、そのようなサービスのあるお店がなく、珍しいようです。そのため「Tabe-hodai」「Nomi-hodai」という単語は非常に面白いようです。

 

 確かに「好き放題」「言いたい放題」などと使われる「放題」が、「食べる」「飲む」とくっついて「食べ放題」「飲み放題」というようになったのは興味深いです。

 

 そのサービス名を考えた飲食店関係者の方は(誰かは定かではありませんが)非常にことばの感覚が鋭かったのではないかと思います。(嶋)