御の読み方の「お~」と「ご~」

 事物を丁寧に言うときは「御」を使った「お~」「ご~」があります。どのように使い分けているのでしょうか。

 

 原則的には「お~」は和語、つまり日本固有の言葉に対して使われます。例えば「お気持ち」や「お祭り」などです。また日常的なことばに対しても使われます。例えば「お電話」「お食事」などです。

 

 一方「ご~」は原則としては漢語で使われます。例えば「ご連絡」「ご案内」「ご紹介」などです。

 

 ただし「お返事」「ご返事」などのように、両方使えるものもあります。そして「メール」には「お」「ご」がつきません。外来語ではこれらがつかない場合が多いです。(嶋)