「いたします」「致します」の使い分け

 普段メールなどで「いたします」「致します」をどう使い分けているでしょうか。

 

 「いたします」は動詞の補助的に使う場合に用いられます。例えば「確認いたします」「参考にいたします」などです。これらは「確認する」「参考にする」などの動詞を謙譲語化するために「いたします」が用いられています。

 

 一方で「致します」は「不徳の致す限り」「思いを致す」などそのまま動詞として使う場合に漢字になります。

 

 前回の「お食べください」のように、補助的に使われる場合はひらがな表記になります。