「知っていますよ」(メールにて)

 メールにて「知っています」のように終助詞「よ」を使うときは注意が必要です。

 

 というのは、メールはお互いの顔が見えない記述式のコミュニケーション手段であるため、相手によっては失礼に聞こえてしまう場合があるからです。

 

 例えば、初対面の人にメールで何かを尋ね、受け取った返信が「知っています」だと、「知っています」よりすこしぞんざいな印象を受ける可能性があります。なぜなら終助詞「よ」は、相手が知らないと考え、注意喚起して伝えるという働きがあるからです。すなわち、受け手によっては「そのぐらい私だって知っています」という意味合いで受け取られてしまう可能性があるのです。

 

 したがって終助詞1つを使うにしても、注意が必要なのです。