「劣化」の使われ方

 「劣化」の使われ方が徐々に変化してきています。どういうことでしょうか。

 

 「劣化」といえば、「経年劣化」ということばが連想されるように、機械や建物などに対して使われるのが常でした。

 

 しかし、昨今では有名人の顔や身体などの容姿に対して使われるようになりました。それまで人に対して使われることがなかった「劣化」はネットやマスコミなどによって、使われ方が変わってきています。

 

 人が年を重ねれば、変わっていくのは当然で、それは「劣化」ではなく「老化」です。「劣化、劣化」と揶揄して言っている人自身も、時が経過すれば、年を重ねます。自分を差し置いて他人に対して「劣化」と言うのはすこし変な感じがします。