頑張ります

 「頑張ってね」「うん、頑張る」のように「頑張ります」ということばは非常に多くのところで使われます。


 語源は諸説ありますが、「我(が)に張る」つまり自分の考えを押し通すことに由来する、または「眼張る」つまり注視して見張ることに由来するなどの説があります。今ではこれらの語源から転じて「努力して取り組むこと」を表すことばになりました。


 「頑張ってくださいね」などと言うほうは、悪気なく使うのですが、言われたほうとしてはそれがプレッシャーになってしまうケースもあります。または、何かを強要されているようで「頑張って」と言われるのも嫌う人もいます。実際に「勉強、頑張ってくださいね」などと言われるのを嫌う学習者も中には存在します。


 くわえて、フォーマルな場面で「頑張ります」を使うと、すこし違和感が出てしまいます。その代わりとして用いられるのが「尽力する」で「尽力いたします」などのように使われることも多いです。


 「頑張ってください」を英語にすると“Do your best.”となりそうですが、これは不安がっている人に対して使われる励ましのことばです。英語の場合、“Good luck.”などの表現のほうが多く使われるでしょう。そして、「頑張りましたね」は“Good job.” “Well done.”などで表すことができます。いずれにせよ、英語の場合は状況や場面などによって使われる表現は変わってくると言えるでしょう。