「間」と「間に」

 時を示す表現の中で、似たようなものとして「間」と「間に」があります。例文から両者の違い考えてみましょう。

 

①夏休みの間、ずっとハワイにいます。
②夏休みの間に、運転免許を取ります。
 
  ①は夏休み中の大部分をハワイで過ごすというのを表しているのに対して、②では夏休みのどこかのタイミングで免許を取るということを述べています。この違いは英語におけるduringとinと似ていると言えるでしょう。また、次のような例文も考えられます。

 

①出かけている間、ずっと雨が降っていました。
②出かけている間に、雨が降ってきました。
 
  ①は外出中ずっと雨が降っていたというのを表しているのに対して、②では外出中のどこかのタイミングで雨が降り始めたということを述べています。この違いは英語におけるwhileとwhenと似ていると言えるでしょう。


 このように、母語の背景知識が生かせる使い分けはさまざまなところにあるのです。