「教育」をどう読み下しますか

 教育観は「教育」という単語の読み下し方(訓読のしかた)にも反映されると言えるでしょう。

 

 「教えて育てる」という訓読をした人は、教師側の視点から教育を眺めています。

 

 「教えて育つ」という訓読をした人は、教師と学習者双方の視点から教育を眺めています。

 

 「教わって育つ」という訓読をした人は学習者の視点から教育を眺めています。

 

 このように、どの視点から教育を眺めるかで、文章での表し方も変わってくることでしょう。