「~たいと思います」

 「~たいと思います」という表現を多用していませんか。

 

 例えば、「それでは始めたいと思います」や「これから説明したいと思います」などです。

 

 始まったり、説明したりするのは既定路線なのに、なぜ「~たいと思います」を使うのでしょうか。

 

 そこには「始めます」や「説明します」と断定するよりも、「~たいと思います」のほうが表現としては柔らかくなるから、という心理があるのかもしれません。

 

 ただし、「~たいと思います」を多用すると、もどかしく感じる聞き手もいるため、歯切れのよい「~ます」の使用も意識したほうがよいでしょう。